こんにちは、Anya(@anya0423)です。

リモートワークになり、通勤時のウォーキングがなくなったので、天気にもよりますが、毎日30~1時間程度のウォーキングをするようになりました。
従来の運動不足は、毎日のウォーキングと30分のビリーズブートキャンプで解消しています。
リモートワークになる前よりも、今の方が運動していて健康状態は良いかもしれません 笑。

そんなウォーキングの際に欠かせないのがスニーカー。
ドレスアップして出かけるような状況にないので、ヒールのある靴を履く機会は最近はめっきりなくなりましたね・・・。

今回は私が愛用しているスニーカー3点をご紹介します☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NEW BALANCE(ニューバランス)のRCVRY

長時間本格的にウォーキングするなら一番にオススメするのがコチラ。

とにかく軽くて履いているのを忘れそうになる履き心地♪
スリッポンデザインなので、立った状態でスッと履ける気軽さもオススメPOINT◎

ニューバランス史上、最も柔らかいミッドソール「CUSH+(クッシュプラス)」を使用。ウォーキングの際の足の動きに合わせてフィットするのと、反発弾性があり、厚みのあるアウトソールで衝撃を吸収してくれるので足が痛くなりにくいです。
また、アッパーなどボディはメッシュ素材なので通気性もよく、洗濯機で丸洗いできるので汚れても安心。

KEEN(キーン)のユニークサンダル

夏場はスニーカーは蒸れそうだからとちょっと・・・という方にオススメなのがコチラ。

2本のコード(紐)と1枚のソールから作られたサンダルは、編まれたコードのフィット感を調整できるのでサンダルとは思えない安心感のある履き心地。
サンダルとはいっても足先はコードでしっかりホールドされているので、トレッキングもへっちゃら。ハワイに行くときは必ず持参しています。
底もけっこうしっかりグリップが効くので、夏場のセーリングにも愛用しています。とにかく活躍のシーンが幅広いのがお気に入り◎
素足でも履けますし、靴下と合わせれば冬以外の3シーズン対応できる点も人気の理由かもしれませんね。

MICHAEL MICHAEL KORS(マイケルコース)のプラットフォームスニーカー

コチラは散歩やウォーキング用というよりも、ファッション的に厚底のスニーカーが欲しいと思い購入しました。完全なるヴィジュアル重視です 笑!足元にボリュームがあると、コーディネート全体のバランスがとりやすいかなと思いまして♪

でも実際履いてみたら、ガッチリしたホールド感があって安定するので、ちょっとした散歩やウォーキングには良かったです。若干重いのですが、それが程よい負荷になるので、階段の昇り降りなどエクササイズ感覚になります◎

厚底なので足裏が痛くなりにくく、2本のシューレースが複雑に編み込まれていること、足首をしっかり包み込むミドルカットであること、シューズタンも長めなど、ホールド感を高めるデザインの工夫が随所にありました。そういう視点で買ったわけではなかったのですが、思いがけず使えるシューズでラッキーでした☆

番外編:ウォーキングにコンバースは合わない件

そうそう、スニーカーと言えば、コンバースを愛用している方も多いのではないでしょうか?
私もコンバースは好きで、ハイカットとローカット1足ずつ持っています。流行り廃りのない永遠のベーシックアイテムですよね。

でも、健康のための散歩やウォーキングには向かないなと思いました。コンバースのソールは平らで薄く、且つ硬いので、長時間歩いていると足裏が痛くなるんです。弾むように地面を蹴りながら歩く感じではなく、ペタペタ歩くイメージ。重さもあるので、運動目的ではない日常使いの靴ですね。

私が愛用しているシルバーのグリッターなど、ちょっとドレッシーなワンピースに合わせてハズしたりと、ファッションとして楽しむ靴としてお気に入りです♪
(写真は付属の白いシューコードを別売りのシルバーに変えています。こんなアレンジもオススメ!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上、私が散歩やウォーキングの際に愛用しているシューズ3点(番外編+1点)をご紹介しました。

どれも本格的なランニング用のシューズではありません。あくまでも軽いウォーキング用にという目線でのセレクトとオススメPOINTを挙げていますのであしからず。