先日、会社の先輩との雑談の中で、出た話。
「〇〇カントリーがレッグウォーマー禁止になったらしいよ。」との事。

レッグウォーマーといったら、女性ゴルファーにとって冬のラウンドには欠かせない必需品ともいうべきアイテム。話題に挙がったゴルフ場には伺ったことはありませんが、今後自分が行くゴルフ場でも同様のことになったら・・・と思うと驚きを隠せませんでした。
エンジョイゴルファーの私ですが、友人からのご縁でたまにドレスコードがしっかりと設定されているゴルフ場に伺う機会もあります。

この“レッグウォーマー禁止事件?”は、改めてゴルフウェアとは?という事について考えるきっかけになりました。

今回はゴルフウェアのドレスコードについてお話ししたいと思います。

ゴルフウェアならOK!ではない。

今までの記事でもいろいろご紹介してきたように、現在は多種多様なゴルフウェアブランドがあります。とはいえ、ゴルフウェアとして売られているモノならなんでもOKかと言うと、そうではないのが現状で、ゴルフ場によってはドレスコードとして禁止されているアイテムもあったりします。

この辺りが一番ゴルフデビューされる方が混乱し悩まれる部分ではないかと思います。
せっかくゴルフウェアを買ったのに、行ったゴルフ場で禁止されていてプレーを断られたなんて事になったらとても悲しいですよね。

メンバーシップ制であったり、トーナメントを開催するようないわゆる名門と言われるゴルフ場ではドレスコードがしっかり設定されていることが多いので、伺う際にはそのゴルフ場のホームページを事前に確認しておくことが大切です◎
さらにオススメは、InstagramなどのSNSでそのゴルフ場にチェックインしている女性ゴルファーがどんな服装をしているのかを確認すること!実際にそのゴルフ場でプレーしている人がどんな服装かが分かれば安心ですよね。

女性のドレスコードは男性に比べて厳しくはないとは言われますが、それでも禁止されているアイテムの中には普段愛用しているものもあったりするので注意が必要です。

例えば、某トーナメント開催コースでは下記のようなアイテムが禁止となっていました。

カーゴパンツ

左右の太もも部分外付けされた大きなポケットがついたパンツです。
元は貨物船(=カーゴ)で作業する人たちの間で愛用されるようになった作業用のパンツであったことから、格式を重んじるゴルフというスポーツにはふさわしくないと考えるケースが多いのだと思います。ポケットが沢山ついたデザインは、ティーやマーカーなどを収納するのに良いので、プレーには向いているのではないかと個人的に思いますが、カジュアル度の高いアイテムなので注意が必要ですね。

レギンス

日焼けを気にする女性ゴルファーには欠かせないアイテムの1つではないでしょうか?
これもアンダーウェア(服の下に重ねる用のウェア)であることから、見えてしまうのは好ましくないと考えるケースが多いのかもしれません。同じような理由からアームカバーやハイネックのインナーが半袖から見えるのも良しとしないゴルフ場もあります。最近ではフェイスカバーを着用される女性ゴルファーの方も多く見かけるようになりましたが、コレも同じくNGとなる場合が多そうですね。これからのUV対策の小物は、日焼け防止の為だけではなく、熱中症予防の為に着用している場合もあるので、昨今の日本の気候事情を考えると緩和して欲しいアイテムでもあります。

ホットパンツ&極端なミニスカート

個人的にはコレが一番悩ましい!極端なミニスカートってどんな長さ?ホットパンツとショートパンツの違いは?と頭の中で悶々。結局、無難に無地のロングパンツを選んでしまいがちです。あるゴルフ場のドレスコードでは、膝上15cmまでとの記載がありました。抽象的な表現よりも、明確な数字で示されている方が迷わなくて済みます。こういったボトムスの丈感に関するドレスコードが設定されているゴルフ場では、あまりカラフルな柄アイテムも敬遠される傾向が強いので、カラーアイテムを着たい場合は無地を選ぶ方が安心です。

ノースリーブのトップス

禁止の理由は上記のホットパンツや極端なミニスカートと同じかと思います。どちらも露出が多めという点が共通しています。韓国人ゴルファーの間では、ノースリーブのトップスの下にUVインナーを重ねるレイヤードスタイルが人気ですが、UVインナーも禁止されているケースがあるので注意が必要ですね。

くるぶしが見えるショートソックス

くるぶしが出ない丈であればショートソックスでもOKと記載しているゴルフ場もあります。
くるぶしが見える丈のソックスだと、シューズを履いた際に素足に見えることが好ましくないと思われているケースが多いようです。

ゴルフをする際の服装のキホン

上記でご紹介したような厳しいドレスコードを設定しているゴルフ場ばかりではありません。パブリックなコースでは、上記で禁止されているアイテムもOKだったりします。
基本的には、襟のあるポロシャツまたは襟が2.5cm以上あるスタンドカラーのトップスにスカート、ショートパンツ、ロングパンツなどのボトムスを合わせるスタイルであればOKです。
極端な例になってしまいますが、海外のリゾートではタンクトップにサンダルを履いてプレーしている方も見かけたことがあります。

要は、TPOを意識することが大切なのです!
社交性の高いゴルフというスポーツにおけるドレスコードとは、プレーにおける機能性よりも、周りのゴルファーに不快な思いをさせないようにとの配慮から設定されているからです。

ゴルフウェアでなければいけないワケでもない

たとえゴルフウェアでも、ゴルフ場によってはNGな場合がある。これは事実。
そして、必ずしもゴルフウェアでなければいけないというワケでもない。これも事実です。
ゴルフウェアとして一番オーソドックスなアイテムでもあるポロシャツは、UNIQLOでもGAPでも、無印良品でもOKなのです。実際、私もゴルフブランド以外のアイテムを着てプレーしたことが何度もあります。ゴルフを始めた20代の頃は、109やしまむらにもお世話になりましたし、ゴルフウェアにそんなにお金もかけていられなかったので、UNIQLOやGAPで買ったシンプルなポロシャツにワッペンでアレンジするのにハマった時期もありました。
もちろん、ゴルフブランドから出されているウェアは、よりプレーに適した仕様になっているので比較するとその差は感じますが、一工夫することでオリジナリティが出せるのでオススメですよ◎

ゴルフ場に合わせてゴルフファッションを楽しもう

ゴルフを始めて10年が経ちましたが、本当に奥が深いスポーツだな・・・と感じます。
プレースタイルが違えば、当然ゴルフウェアに対して求める点も異なりますし、ゴルフコースに対して求める点も異なります。ゴルフウェアも様々、ゴルフ場も様々。
複雑なドレスコードがあるなんて面倒くさい!と一刀両断にするのはカンタンですが、多様性がある分、ゴルファーの選択肢も多いとポジティブにとらえてみるのはいかがでしょうか?TPOは意識しつつも堅苦しく考えず、自分らしいゴルフファッションでゴルフライフを楽しみましょう♪